記事一覧

想いを込めたブーメラン

________________________________________牧村「星の王子さまは私の質問には何も答えずこういいました。……大切なことはね 目に見えないことだよ。」―火の鳥 望郷編________________________________________彼女のドナルドダックの物真似。笑った。もう会話に出てこない元彼の面影。車内にはお気に入りのBGM。ケラケラ笑いながら。ビルを横目に車は行く。「はい。火の鳥くんこれ返すね。」少しの勇気を出して渡したメモ書き。ブー...

続きを読む

汚れた唇~アディオス魅了師会コンパ~

________________________________________火の鳥「この星をどうするかはあなたしだいよ。あなたの決心を聞きたいのです。」―火の鳥 望郷編________________________________________彼女の手首を縛ってあげる。すると心を縛っていた何かがほどけて、今ようやく感情が理性を追い越した。もしかしたら感じていた孤独がこうやって火の鳥を引き寄せたのかも。だったら明日からまた違う道が見えるかもね。夜空には三日月。今夜はもう何...

続きを読む

ep.3 当たりまえの準々即

________________________________________テング「いつだってあの夕日は同じように美しく光っておった。おまえたちもあの夕日のように生きることじゃ」―火の鳥 乱世編________________________________________「愛してるわ。」「知ってるさ。」映画の中でハン・ソロとレイア姫が交わした有名な台詞。また2人で大笑いした。彼女の小さな笑くぼ。今夜はたくさん話そう。大丈夫、理由なんて必要ないし。どちらでもなく曖昧に。たけ...

続きを読む

ep.2 ほどけた糸

________________________________________医者「ねんのためきくが、かれは本物かい?クローンかね」ジュネ「とうさんは人間よ!それでいいじゃない!!」―火の鳥 生命編________________________________________酷く絡まった糸がほどけた時その糸が互いを引き合い、2人の距離を急激に縮めた。「私素直になれてるかな?」「大丈夫。そのままで良いよ。」彼女はベッドの上では従順だった。それは演じていたのか。それとも正直な彼...

続きを読む

ep.1 彼女の柔らかい胸と固い価値観

________________________________________なぜこんなに天地は美しいのだろう。そうだ、ここではなにもかも…生きているからだ!―火の鳥 鳳凰編________________________________________彼女の胸は柔らかくて。合わした手と手。繋がる点と線。彼女の細い指先が火の鳥のカサつく唇をなぞる。もう、あれこれは面倒だから笑おう。そしてまた会おう。いやもう会えないか。これ以上痛みを覚えたくないから。そして熱くなりすぎてはいけ...

続きを読む