記事一覧

大阪夏の陣2016

________________________________________火の鳥「活動している星はみんな“生きて”いるのです。宇宙生命とはそういうものです。」―火の鳥 未来編________________________________________蝉の声に重なってまた蝉の声。まだ昨日が終わっていない2人は、朝の商店街をゆっくりと歩いた。思いだした。昔、夏祭りのあとに感じた侘しさ。あの時と同じ気持ちを今味わっている。充分承知している。やっている事はクズな事さ。でも皆で馬...

続きを読む

全ての女性にモテるPUAになりたい

________________________________________牧村「コンピュータは人間の補佐はできるがね、人間の頭脳のかわりにはならないさ」―火の鳥 宇宙編________________________________________蟻とキリギリスの教訓は、ここでは意味を成さない。リラックスしよう。今日だけはプレイボーイじゃなくて、ただの少年みたいだねって言われたい。目の前には明石大橋。船の汽笛が遠くに聞こえる。太陽が眩しい。彼女の柔らかい膝枕で、もうこのま...

続きを読む

火の鳥はハナクソ

________________________________________レオナ「ああ…ここはおぼえがある!いつだったか、一度とおった道だ… そうだ!前に死んだときもここをとおった!」―火の鳥 復活編________________________________________この街に来られて良かった。思い出させてくれたのは、自分らしくいるという事。火の鳥は30代。少しだけ歳を取った。若い頃の様に行かなくなった事も少なくはない。でも大丈夫。いつだって今が一番輝いている。これ...

続きを読む

昼過ぎの太陽とセレブモデル

________________________________________カジカ「ほしがったってむだね。あれはクマソの守り神。手に入れようとすれば、身をこがすだけだわ」―火の鳥 ヤマト編________________________________________昼すぎのストリート。彼女自身も知らなかった心。きっと今日太陽が大きく感じたのは、火の鳥だけじゃないはず。彼女と出会えた美しい縁。たくさんの参考書を眺めなくても、答えはここストリートで見つけられるのかもしれない。...

続きを読む

ストリートを歩く

________________________________________オグナ「弓を使わずに、あの鳥をきっとものにしてみせる。」―火の鳥 ヤマト編________________________________________いつもの街のいつもの風景。行き交い交差する人々。楽しそうだったり俯いていたり。きっと一人一人にドラマがあって思い出を重ねて生きている。あわよくば何か良い影響を与えられたらっていうのは、思い上がり。火の鳥はPUA。ただの悪い奴さ。また道を行く。一体この...

続きを読む