記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会った2人



________________________________________

「長い長い時間だったな。私たちはわかれわかれになってから一千年も立つよ」「そうですわね。貴方も私も何度も生まれかわったのですわ、一千年の間に」「ごらん火の鳥だ」「私たちを招いている」「さあ行こう、あの鳥の導く方に!私たちの世界へ!」―火の鳥 太陽編
________________________________________




「今日は本当にありがとう。」



まるでかくれんぼ。
ずっと隠れて誰にも見つからない様にしていた。

でも少しだけ
早く見つけて欲しい気もしていたから。
気付いてくれて嬉しかったんだと思う。



「ドキドキできたよ笑」



笑いながら彼女がそう言った。
彼女もまた何かを探していたのかもしれない。



観覧車の真下。
2人はサヨナラした。

空を見上げてみると
月がとても綺麗でした。






男30代

僕は別に大した事ない。
でも昔から何をしてもセンスがあるねと言われた。それがよく無かったのかもしれない。

少年時代は人気スポーツに明け暮れた。
小学生の頃には天才と呼ばれ、中学になるとプロになるに違いないと周りの大人にチヤホヤされた。
学校の女子達からは憧れの目線を浴びながら過ごしていたし、それは自分にとって当たり前の日常だった。

だけどいつの頃からか大人達の評価が変わり始める。理由は簡単だ。僕は練習をしなかった。
僅かほんの少し程しかない才能に胡座をかいてしまっていたのだ。または練習しないのがカッコいいと思春期の幼い心は勘違いしていたんだと思う。

その頃からは試合に出られない事がちょこちょこ起こった。
今まで一度だってそんな事はあり得なかったのに。
僕は拗ねた。
真面目に取り組まない癖にプライドだけは高い厄介な奴。
今思えば、きっと周りの人達は気付かせ様としてくれたんだと思う。
でもプライドが許さなかった。
投げ出した。大人達や仲間の制止を振り切って辞めてしまった。

そこからは特に熱くなれる物に出会えなかった。
でもSEXはよくした。
自分に少しでも好意がありそうな女の子へのアプローチは欠かさない。
お金はほとんど持ち合わせていなかった。
でも自分はやれば出来る奴だ。
疑った事など一度も無い。
僕は特別な存在。

就職する。
まあ頭を打った。
自分はダメな奴なんだと初めて思い知らされた。
認めざるを得なかった。
心ある上司や同僚のおかげでなんとか仕事は続けてこられた。
性格は変わっていった。
仕事が楽しかった。
そうなるとまた調子が良くなる。
どんどん立場は変わっていってその度にまた頭を打ちながら、仕事を通じて男としての成長を実感する日々を数年過ごす。
僕はまだまだだけど、とても充実している。

仕事の合間ではちょこちょこ遊んだりして。カッコいい先輩達もそうだったし。
たまたまきゃりーさんのブログをきっかけにナンパ師の世界を知る。おもしろそう。
なんかドキドキした。
Twitterアカウントを作った。
火の鳥と名付けてブログも書く。
適当にやりながらも真剣に遊ぶ日々。
今ではもうUは僕の第4くらいの故郷だ。

2度はない人生。
しっかり仕事してしっかり遊んでやる。



さあいつもの様にストリートを歩こう。
今日のアスファルトは一体どんな温度だろう?



________________________________________



女20代

私は田舎町で育ちました。
秋には紅葉が山を赤や黄色に染めます。
とても綺麗な景色です。

自分に自信が持てない性格です。
「私なんて...」口癖だった様に思います。
人見知りで保守的。
でも人一倍好奇心がある厄介な性格です。

昔の私を知る人は私の事を「真面目な女」と言うはずです。
よく勉強もしたし部活も頑張った。
きっと認めてもらえる事が嬉しくて。
だから誰よりも努力する性格でした。
目立ちたくない癖に目立てたら少し嬉しかったり。
振り返ると自分なりに楽しい学校生活を送った様に思います。

恋愛は一通り経験しました。
私は奥手だったけど、心を許した相手にはちょっと偉そうになる所があります。
「お前は阿呆なやつやな笑」って笑ってくる人もいたりして。
なんかムカつきますよね?
私は私らしくいたいだけです。

進学を機に大阪に行く事になりました。
初めての都会暮らしに緊張しました。
私は既にあるコミニュティに飛び込むのが苦手です。躊躇しながらもそろーと足からプールに入る感覚です。未だに飛び込み選手みたいな事は出来ません。
でも一旦入ってしまえば楽しい日々を過ごせました。
学校には仲のよい友達もいたし、大阪の生活へも慣れました。

メイクやファッションも変わりました。
正月なんかに実家へ帰ると、親戚のおじさんや同級生だった男の子が「お前えらいかわいなったなー。」って言ってくれるのがちょっと嬉しかったです。
大阪では1人で繁華街を歩くと、よくナンパされます。なにこの人達?嫌悪感。マトモに話を聞く事はありませんでした。

ある日友達とその場の話の流れから、初めてクラブへ行く事に。
そうしたら道を歩いている時なんか比べ物にならないくらい、たくさんの男の人に声を掛けられて。
恐かったけど少し嬉しかった。
でも私はやっぱり慎重派なんです。何杯かお酒を奢ってもらって友達と帰りました。

それから数日後、ナンパについてインターネットで調べました。
たまたまきゃりーさんって人のブログに出会いました。なにこの人?でもおもしろい。
もう少しだけ見てみよ。気付いたら全ての記事を読んでいました。

ナンパ師
恋愛工学生
こんな人達がいる事を初めて知りました。
そこから私の好奇心は止まりません。
ナンパ師さんのブログやTwitterアカウントを追う日々。
そんな中一つとても好きなブログに出会いました。

火の鳥さんって人のブログ。
文章が他の人と全然違って。好きな感じ。
この人頭が良さそう。でもちょっと気難しそう。どんな人なんだろう?
Twitterでのつぶやきもチェック。ペイちゃんさんとのキャスも全て聴きました。
変なイントネーションだなこの人の喋り方。
でも自分に自信があるんだな火の鳥さんって。
自分から会いたいなんて私には言えないけど、
いつか歩いていたらナンパされたりするのかな?



それはそうと今日は友達とお出掛けです。
ご飯の後クラブに行くかも知れないから、ちょっとオシャレして行こう。
私はUの待ち合わせ場所に向かいました。



________________________________________



「ねえねえお姉さんちょっと聞いてよ。俺今日先輩に飲み誘われたんだけどさ、急にドタキャンされちゃって~~~」

「。。。」



またナンパされた。今日でもう3回目。
買い物でもしようと友達との待ち合わせより2時間早く梅田に来ていました。
とても人が多かったです。



「それでさ途方に暮れてた訳。じゃあお姉さんがいてさ。声かけちゃったのよ。あっ俺別にスカウトでもキャッチでもないよ。あと変な壺も売りつけようともしてないし笑」

「変な壺はイヤですねたしかに笑」



女(あっ話してしまった。私いつもガンシカするのに。。でもこの人慣れてるなー。変な壺のくだり?なんかきゃりーさんのブログで見た事ある様な気がする、、)



「あっ俺◯◯って名前!まあまあ変な名前でしょ笑?」

「、、、あっはい、、」




女(この人もしかしてナンパ師さん?スーツ着てる。。。うん?まさか?そう言えばさっき火の鳥さんの出撃ツイート見たけど。あのゲームのはじまりとかいうカッコつけてる感じの。え?ほんとに?)



「え?なんでここで立ち止まったの?このバンドのファン?」

「え?い、いや違います!ちょっと考え事してて。」

「ちょっと天然ぽいとこあるでしょ笑?」

「あ、はい。」



男(ラッキーかわいいじゃん!でもこの子なんかよく掴めねえな。だけどなんかいけそうなイメージもあるぞ。とりあえず和も。)

女(本当にこの人火の鳥さんなんだろうか?なんかぽいしオーラあるなあ、、ちょっと話して確認してみたい。。)



歩きながら話す。
距離感は近い様で遠い2人。
知らない人からしたらどう見えていただろうか?
軽くお互いの自己紹介を済ませ、この後の予定を確認。
目と目は合わせていたし、よく2人で笑いながら歩いた。



「お姉さん華奢だけどスタイルいいな!その腰とか良いよね。持った時ちょうど良さそう。」

「ちょうど良いって何ですか笑?あと持つって?」

「イヤだからこうやって持つでしょする時。あっ俺壺は売り付けないけど下心はあるからね!大丈夫シンプルだから!」

「最低ですね!あっち行ってください笑」



男(この子絶対いける子だ。しかも弾丸で。だから早めにブッ込んでいこ。でも、、なんかちょっと違和感あるんだよな、、)

女(これペイキャスで言ってた早めに性的に見てるって伝える奴じゃない?やっぱり火の鳥さんぽい笑 でも残念。私即系ではありません。)



「どこかで座って話そう。あっちの方の店行こう。着いてきて。」

「うーん。。はい。」



男(やっぱ弾丸即だなこれは。)

女(私手の内知ってるから!絶対即られない大丈夫!)



男は使い慣れたルートを歩く。
女はついてくる。
女はどこか好奇心と猜疑心とが織り交ざった様な表情をしていた。



「カラオケでよくない?ここジュースのバリエーション凄いし。あとここなんか運気良さそうだし。」

「え?運気?なんですかそれ?」



男(いけそうなんだけど凄い違和感。なんか壁を感じる。これは簡単ではないな。。まあでも、、それにしても可愛いなこの子。)

女(絶対即られませんからね!!!!!)



男と女はたまたま出会った。
同じ街で同じタイミングを生きて、同じきっかけでナンパの世界を知った2人。
出会うべくして出会ったのかもしれない。

カラオケへ。
受付を済ませる。

いつも男は30分か長くても1時間しか取らないのに、今日は2時間部屋を抑えた。



________________________________________



女は終始名前を教えたがらない。
男は名前なんてどうでもいいもんねって強がった台詞を吐いてみせた。



男(なんなんだろう?この子、、)

女(悪い奴だからなこの人!即写メとか絶対撮られたくない。)



「DNAレベルで好きなタイプの顔だわお姉さん。ほらっ俺の顔と正反対のタイプだろ?やっぱそういうの欲しがっちゃうのかね?本能が。」

「は?何言ってんですか?」

「返しがおもしろいよね笑 素敵だわお姉さん。」

「なんでそんな自信満々なんですか笑?」



男(なんかおもしろいなこの子、、)

女(私人見知りする筈なのに。。この人初めて会った気にさせない。こ、これか。。)



「ちょっと俺トイレ行ってくるな。」

「あ、はい!どうぞどうぞ。」



女は素早くTwitterアプリを起動させる。
火の鳥のアカウントを探す。

“久々にこの背広着て、少しだけスト”



女(同じスーツ笑! やっぱり火の鳥さんだ!!)






そこからも少し2人で話した。
リラックスして過ごす。
だけど水面下の思考ではお互いこの後の展開と、
ゲームを前に進める或いは上手く切り抜けるきっかけを探している様だった。

でも男は気付いた時には、女のすぐ横には座っていた。



「じゃああんまり甘えられていないんだね。オッケー今日は俺を彼氏だと思って甘えていいよ。」

「うーん。。。」



女を抱きよせる男。
頭を撫でる。
男にとってはいつもの勝ちパターン。
キスをしようとする。
女は拒んだ。



「いやっ、、駄目です。さっき出会ったばかりだし、、、」

「そうだね。わかるわかる。でも大丈夫だから。」

「大丈夫って何ですか笑?まだ出会って20分くらいですよ?えっ女の子皆んなこんな感じでオッケーしないでしょ?」

「全然オッケーするよ!」



女(展開早い。。てか自分のペースに持っていくの上手いし、なんかこれが当たり前みたいな空気だしてくるな、、)



「でも私は嫌です、、こんな事した事ないんで。」

「知ってるよ。さっきたくさん話したもんね。お前は軽い女じゃない。だから誘ってる。」


男(本当かな?女の子の言葉は信じない。)

女(火の鳥さんすみません、、私は無理です。)



男と女は進んでは戻って。
そんな感じのペースで距離を縮めていく。
まるでそのやりとりすら前戯の一部だと楽しむ男。
だけど女は決して肌と肌を重ねる未来をイメージしようとしない。



つまりグダ。
そりゃそうだ大体の女性は我々と違って気軽に体を許せる訳がない。
リスクが高い。嫌がるのは当たり前だ。
それなのに我々は自分の価値観を相手に共有させようとする。
俗に言うグダ崩し。

正直即れるかどうかは相手による所は大きい。
ぜんぜんオッケーだよって子。タイミング的に寂しかったり、遊びたかったって子。
こちらに対し興味があり、好奇心や感情が理性を超え子。ただ単に押しに弱い子。
それによってナンパは確立の問題、或いはこちらに食いつきがある子を増やすゲームだって解釈ができる。
ただそれだけではおもしろくない。
どこか主体的ではないからだ。

僕は声をかけて連れ出して話す事に技術やマインドが必要だと感じている。
そして抱けない女性はいない。どんな子でも1時間2人きりにしてもらえたら絶対即れる。
そう思っている。そして即れなかった場合カタたい子にあたってツイていなかったではない。
魅了できなかったのだ。話しができる機会まであったのに。

しかしやはり運はかなり重要な要素であるのは間違いない。
でも即れる子を探し当てる遊びではないと言う事だ。
僕はそう思って遊んでいる。
まあこの子はただのラッキーだったけど。
食いつきしかなかった訳だから。



男(この子すげえこっちに興味ある、、俺ってやっぱりスト高なのかな、、)

女(火の鳥さんの生グダ崩しドキドキする、、笑)



男は女の手首を取り脈を計る。
次に首筋、最後に左胸に手を。



「ドキドキしてんじゃん?」



なんだかんだで2人はキスをした。
女が押しに負けた様な感じ。
男の手が女の身体をまさぐろうとする。
少し嫌がる女。
女の顔をこちらに向かせて真っ直ぐ目を見る男。



「絶対後悔させないから。」



インターネットを通じて男の事を知った女。
たくさん歩く女性の中から特別に綺麗だった女を選んだ男。
そんな2人がストリートで出会って今交わった。

その行為はまるでこれまでのお互いの人生を
言葉を使わずに語り合い理解しあった様な経験だった。



「.........顔にかけるよ.........」

「え?え?ここカラオケですよ!?」














部屋を2時間取っていて
その後も時間が余っていたから
またたくさん話した。

出会ったばかりの頃より、2人の心の距離はぐっと近づいていた。



「、、、、、ごめんなさい、、、私実は言ってないことがあって、、、」














男30代

こんな事が起こるとは思ってもみなかった。
でも本当に彼女は素敵だった。素直で可愛らしい女の子。
きっとこの経験を機にまたたくさんの男性との思い出を作っていくだろう。
自分がやりたい様にやればいい。
気付かれたのは自分のリスクマネジメントの緩さが原因。
自分はともかく仲間に迷惑をかけない様にこれからは出撃ツイートなど、発信内容に意識を持って活動していきたい。

女20代

火の鳥さんは素敵な人でした。
自分に自信があって堂々としていてコミュニケーション能力が高くて。
私にはない所だったので羨ましかったです。
そして凄く優しい。なぜ女の人が抱かれてしまうのか分かりました。
あと最後の「後悔させないから」って言葉でもう抱かれてみようって思いました。
やっぱり実際に会えて良かったです。
本当に後悔させない様にしてくれたなと思いました。
それと経験値が高い変態でした笑
女性の皆様気をつけてください。



カラオケを出て2人で歩く。
さっき出会った場所まで行く。

同じ道なのに、帰り道の方が美しい街並みに見えた。






「今日は本当にありがとう。」



まるでかくれんぼ。
ずっと隠れて誰にも見つからない様にしていた。

でも少しだけ
早く見つけて欲しい気もしていたから。
気付いてくれて嬉しかったんだと思う。



「ドキドキできたよ笑」



笑いながら彼女がそう言った。
彼女もまた何かを探していたのかもしれない。



観覧車の真下。
2人はサヨナラした。

空を見上げてみると
月がとても綺麗でした。






バイバイして歩く。








男(仲間がいつもの場所にいるみたいだから行こう。)

女(友達との待ち合わせに遅れそう。急がないと。)




男(それにしても読者だったとは。。でもまあ可愛いかったからキープしよ!)

女(素敵な人だったけど、毎回撮影されたり顔にかけられたりはキツイから連絡ひかえよ!)








ありがとう



ドキドキできたよ。







スポンサーサイト

コメント

カラオケで顔にってのも
イマジネーションですね。

世界の狭さを感じました。

何かいつもより分かりずらかったけど、俺はこの記事凄え好きです( ´ ▽ ` )ノ笑

最初は、ん?
って感じでしたけど
話が進むに連れて楽しくて
2人の頭の中の考えが交差していくのにドキドキしました(^-^)

めっちゃ楽しかったです( ・ㅂ・)و ̑̑

読者からのフィールドレポート!!
ではないですが、良かったです!!!
これは面白い!!
「火の鳥」って刺繍の入ったスーツの出撃Tweetの事ですよね?
見覚えあります!

有名税ってところもありますよねw
いつもと違う感じがしてこの記事好きです\(^o^)/
また更新楽しみにしてます!!

はじめまして。こんにちは。
地方でナンパを始めた初心者のものです。

ほこたて対決のような一連の流れにとてもドキドキしました(^^)

インタビュー記事みたいですね^^クラブじゃなくてストで出会うのがすごいです。

いつもブログ読ませてもらってます!
今回は一段と味のあるテイストで楽しませていただきました!
眼と心が引き込まれました!
更新楽しみにしてます^ ^

火の鳥さんのブログはいつも楽しいですが、今回のブログは読んでて特に興奮しました!
感動をありがとうございます!

火の鳥さんの口説き方がイメージできて、下心がニョキニョキできました。

「抱けない女性はいない。(中略) 即れなかったのは魅了できなかったからだ。話が出来る機会まであったのに。」
このくだりすごい好きです。
今回のブログもドキドキさしてもらいました。

次はカラオケでのハメ撮り方法と顔射について詳細にオネシャスw
タイトル「顔射はイマジネーション」
パンツ脱いで待ってます(^o^)/

>これが当たり前みたいな空気

これ、身に覚えがある(笑)
そして、そこが心地よかったりするよなぁ。。。
やばい、また抱かれそう。


絶対後悔させないブログ。ww

今回の特に好きです。

今回の記事、「火の鳥バレてるバレてる~(>_<)」とドキドキして読んでいました!
ある意味即られましたねぇ(;O;)
ホント女の子は恐いですなぁ(((((((・・;)

Re:

>ちゅーとろさん

そう顔射はイマジネーション。

飯テロ連れて行って(^O^)/

Re:

>ロンブーさん

わかりづらかったよね笑

サンキューそう言ってもらえて嬉しい\(//∇//)\
おもしろい経験でした!

Re:

>タケシさん

コメントありがとう(^O^)/
北海道でもバリバリやってるねー。

なかなか行けないだろうけど、
いつも応援してます。
クラナン教えてね!

Re:

>けいしさん

そうです。あのスーツ着てた時(^O^)/
なんかあの街でもよく視線感じるので、
こっそりやっていこうと思う笑

大阪はよ!
待ってるよ\(//∇//)\

Re:

>ウタさん

コメントありがとうございますm(_ _)m

ちょっといつもと違う感じで書きたくなりました!
おもしろい出来事、
つまりブログネタいつも探してます笑
一緒にネタつくりましょう\(//∇//)\

Re:

>どんりざさん

コメントありがとうございます!
ホコタテ対決でしたが、彼女の方が一枚上手でした。

実は言わないだけで、即った子にバレてるかもしれませをね、、笑
気をつけていきます。

Re:

>えっちゅうさん

コメントありがとうございます!

他の街でもあったので、今はストリートにもたくさんナンパ師の事知っている子がいるのかもしれませんね。

コンビナンパは火の鳥に任せてください\(//∇//)\

Re:

>しゅんさん

ありがとうございますm(_ _)m

少しテイスト変えて書いてみました!
喜んでいただき良かったです。

もっとおもしろかったり、
なんか心に届く様な記事が書きたいです、、

また更新します

Re:

>フィンガー職人さん

コメントありがとうございます(^O^)/

今回の記事は褒めてもらえて嬉しいです笑
もっと良い記事を書きたい\(//∇//)\

Re:

>はるたろうさん

ありがとうございますm(_ _)m
ニョキニョキしていただき良かったです笑

毎回違うけど弾丸でいけたケースですねこれは。
まあ女の子の方が一枚上手だっただけですが笑

Re:

>桜庭大二郎さん

コメントまじありがとう笑

ナンパ講習は出来るほどの腕ないけど、
顔射講習ならお任せあれ\(//∇//)\

てか背広会遠征行きたい!

Re:

>どもんさん

コメントありがとうございます。
そういえばそんな風な感じでどもん先輩をいつも振り回し、ご迷惑おかけしていますねm(_ _)m

またおかわりさせてください笑
婚活バーいきましょ\(//∇//)\

Re:

>野生のプリンスさん

師匠にコメントいただけるとは、、!!!!!

Uはよ!
わりかしまじではよです!

近々また一緒にしたい(=´∀`)人(´∀`=)

Re:

>ジョニーさん

コメントありがとうございます( ̄ー ̄)

結局は彼女の方が一枚上手で即られただけでした笑
でも可愛くて素敵な子でした!

そろそろ火の鳥さんのエロいブログ読んでる途中でムラムラして来てエックスビデオ開くのどうにかして辞めたいです...w

毎回読んでてドキドキします(。・ω・。)
やっぱ出会いはドラマチックですね!

Re:

>アディオスさん

できれば読み終わってからにしてくれ!
エックスビデオは\(//∇//)\

ブログ更新頻度の高さ、モチベになってます。
また何か面白いことやろう!!!!!

Re:

>ラガーさん

コメントありがとうございます\(//∇//)\
もっとドキドキできる記事書きたいです。。

出会いはドラマティックってブログ書いてください笑

こんなこと起こるんですね、だからナンパは面白い!
いつもと違ったブログ展開で、よりドキドキしました!!

まるで、かくれんぼ。
ずっと隠れて誰にも見つからないようにしていた。

このフレーズが大好きです。


顔射のくだりは、俺も女の子と同じ気持ちになりました(笑)

Re:

>西条

びっくりしましたが、実はこの経験2回目です笑
発信内容気をつけていきたいと思います笑

おっしゅる通り、いろいろな出会いを自ら作れる所がナンパの醍醐味ですよね。

Re:

>右曲がりのダンディさん

コメントありがとうございます( ̄ー ̄)
褒めてくださり嬉しいです。

あの時はついつい歯止めがききませんでした笑
普段はカラオケではありませんので笑

オフパコはやめんかー!

Re:

>ヨザワさん

オフパコではないわー!!!!!

こんなことあるんですね

それにしてもどんな出来事でもこのブログでは美しいものに昇華されますね 笑
今回も面白かったです!

No title

色んな意味でドキドキする記事でした。
女の子もナンパブログやツイッターをチェックしてるなんて、ぴぇぇぇですw

カラオケで顔にかけるなんて。。。
火の鳥さんがますます好きになりましたw

この記事を映画化して欲しいです(^^)

Re:

>ジンジャーさん

コメントありがとうございます\(//∇//)\

褒めていただき嬉しいです笑
またぜひ読んでください!

Re: No title

>1919誠二さん

コメント待っておりました!笑

前ハナクソタウンでも同じことが起こったので、
多分そんな女の子が多くなってきてるのかと思われます(´-`)

カラオケではやりすぎました笑
さーせーw

はじめまして

キャリーさん
えっちゅうさん
ikasuiさん
ぽんたさん
色々な方のブログをみて、ここにたどり着きました。

このブログが一番好きです。
今話題の君の名は
のアダルト版かと思いました(笑)

Re: はじめまして

>ダルさん

コメントありがとうございます!

レジェンド達のブログから流れ着いていただき、
ブログ褒めていただき嬉しいです(*´Д`*)

今度一杯奢らせてください笑

今日、全部のブログを読んで初コメントします

はじめまして^_^
先月末にナンパクラスタに参加してきた新参のアラフォーです。
ツイッターではすごいなw
この人はいつもおじさんといじられてるので自分に近い年ではないかと常に興味をもっていました。

そこから本日、すべてのブログを読ませていただくまでコメントを控えていました。
正直、嫉妬するぐらいの文章力と構成だと思ったからです。
すべてのブログを読ませていただきましたが神がかってるというか、文才がありすぎます笑

冒頭部分の「火の鳥」からのサンプリング。
そこから物語の後半をあえて冒頭にもってきてからの倒置法的展開が興味を駆り立てて、より世界に引っ張りこむ(≧∇≦)


男でさえ魅了するのにこの思考を持ってる方が女性を魅了するのは当然におもえました笑。


文才やイメージを頭に浮かばれてから筆跡されてると思うのでナンパにおいても凄くロマンチックに仕立てるのがほんとうまいんだろうなと思いました。

僕も野生でしたがこの世界を知りアラフォーながらデビューしました笑。
いつかお会いできるのを楽しみにしています。



今、一番会いたい人。
それは火の鳥さんです。

Re: 今日、全部のブログを読んで初コメントします

>ごく〜ささん

長文コメントありがとうございます\(//∇//)\

全部の記事読んでいただいたのはすげえ嬉しいです!
これからも同世代頑張っていきましょう^_^

またそのうち街で会いましょう!

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。