記事一覧

お嫁にいっておいで


________________________________________

スグル「もっと冷酷にかかってこいよ。でなきゃあお前が好きになりそうだから。本気だよ、おれは今お前が好きだと言っているんだ」―火の鳥 太陽編
________________________________________



よく寒い日には靴下を2枚履いていた。
それは火の鳥が小さい頃の話。
長靴が好きだったから、雨でもないのによく履いていたらしい。

彼女といるとまるで、そんな子供の頃のようにワガママになってしまっていたと思う。
なんでも笑ってくれたし。
呆れていたと思うけど。



コタツでよく寝た。
去年の冬も彼女の家のコタツでよく寝てしまっていた。
でもいつも優しい笑顔で起こしてくれる。

もしかするとその表情が見たくて、寝てしまっていたのかもしれない。






2月


カサつく唇に悴んだ手。
今年は雪がよく降る。
寒い。寒さは人を肌寂しくさせるのか?

この季節に出会った女性は、どこか皆寂しそうだった。
いや違うか。
火の鳥は今までストリートナンパを主体としてきた。
それがひょんな事からネットを使った出会いを試す事に。今まであれ程、嫌悪していたネトナンをしてみたのだ。

やってみると、横柄で偉そうな言い方になるが、とてもイージーだった。
きっと彼女達はどこか寂しいのだ。

アプリ上やLINEメンテナンスの際に、人気でなかなか手に入らない男だと演出する。
そして彼女達の心に自分のやり方で話しかける。

50人程の女性と交わった。
一度も失敗していない。
綺麗な見た目の彼女達は火の鳥を欲しがった。
また会いたいと。

でもね、全員とは会えない。
火の鳥はキープする女性は10人までにと決めている。
何の為にそうしている?
それはただの気まぐれ。
後はモテている現状やハーレム的な状況をわざとらしくに作りたいのかと。

たくさんの女性が自分を奪い合い、1番になりたい、10人に入りたいと懇願する。
その状況が内から何かオーラみたいな物を醸し出して、新しく出会った女性にも何かを感じさせるから?

いや本当は一番寂しがり屋、愛されたがり屋なのが火の鳥なだけなのかもしれない笑




彼女と再会したのはそんなネトナンで結果を出し、少し飽きを感じ始めていた頃。
仕事が忙しかった。
漫画本1冊を5分で飛ばし読み終える様なスピードで1日を過ごしていた。



そんな中彼女から3.4ヶ月ぶりにLINEが届く。



『会いたいです』



彼女と出会ったのはもう一昨年。

もちろんきっかけは火の鳥からだった。



________________________________________



彼女はあの日、街の中で飛び抜けて綺麗だったと思う。
それは彼女を連れて歩いていると更に確認できた。
通り過ぎる男達からの目線を嫌という程浴びたから。



-やあお待たせ

-えっ?待ってませんけど



火の鳥から話しかけた。
素敵だな。
レザーのジャケットが似合っていた。
華奢で小振りで童顔なんだけど、身につけている物はどれも高価そうな物で。
そして自分に自信も持っている様に感じた。



-えっ私に何か用ですか?

-そのピンクの鞄皆持ってるね?流行ってるの?

-ええ、、まあ、、何ですか、、?

-あれ?待ち合わせしてなかったっけ俺達笑?



この街を歩くとナンパをしている人をよく見かける。
確実に以前よりストリートはレッドオーシャンに。
10分歩けば最低でも1人はナンパしている人を見かける。



でもそれとは逆に本当におもしろい景色をよく見かける。
彼等は俗にいう「スト高」へはあまり声を掛けないのだ。



よく女性に「君は綺麗すぎるのと、そのオーラのせいで男が口説きにくいんだよ。」って言うんだけど、あれって本当なんだなって思う。

彼女はどう見てもオシャレで綺麗だった。
待ち合わせの為に、観覧車の下の路上で30分以上居たにも関わらず一度も声を掛けられなかったそうだ。
まあ火の鳥からすればラッキーだったけど。



-1杯目はビール派?それとも梅酒とか言っちゃう派?

-はあ?ナンパですか?

-いいね強いね笑 ツンデレ系でしょ?

-彼氏いるんで大丈夫です。



この時から、あっあれは待ち合わせだから、連れ出せないだろうからって思い込む事を辞めた。
だって彼女は待ち合わせしていたんだろうけど、結果的に連れ出せたんだから。



-だから彼氏いるんで大丈夫です。

-へええ。そんな事言うんだかわいい。

-なんなんですかさっきから笑?何者?

-ただのおっさんだよ笑 あっお兄さんな!

-????



この自分でおっさんって言ってからのお兄さんな!って奴、一度もウケた事ないからオススメしない。
でも彼氏いるんでとか、ネガティヴな台詞なんかは、真面目に聞かずスルーするのが1番の様な気がする。



-かわいそう笑 それ絶対友達来ないわ笑

-ですよね笑! ほらっ既読つかないし。

-じゃあその子来るまででいいから飲みに行こうよ。来たら帰ったらいいからさ。

-うーん。ここから近くですか?



普通に声を掛ける。
別に凄くおもしろいオープンも使わない。
クスッとさせるくらい。

自然体の追求。

でもこれは難しい。
だって別におもしろくもなくて、イケメンでもない男が興味を持ってもらえるはずがないのだから。
かと言ってチープで小手先だけの心理学みたいなテクニックを駆使して興味を持ってもらおうとも思わない。



「良い顔ができているかどうかなんじゃないか?結局モテるかモテないかって。男にも女にも。」



昔、火の鳥は同僚とディスカッションした事があって。
ポイントってその辺なんじゃないかなと思う。
もちろん最低限の身嗜みは必要だけど。

じゃあどうやったら良い顔になる?
その話は長くなるからまた今度にしよう。
そして常に良い顔してられないのが人生だ。
もちろん火の鳥だって。

まあとにかくラッキーだった。
彼女と飲みに行く事に。
いつものマスターがいる店に行った。



たくさん話しをしたと思う。
彼女はハーフの様な顔立ちで。
カウンターに座って、横顔も綺麗で。
彼女の心の話やコンプレックスなんかを聞いて、そこが人として素敵だなって思えて。



そこを褒めて、素敵だと思うって伝えた。
彼女は見た目やイメージ的な要素、そんな部分をよく人から褒められたり羨ましがられたりしたんだろう。

でも火の鳥はそうじゃなくて。
理解して。そこを人として好きになって。
心の深い場所で握手した。






そこから2人の関係は1年続く。
彼氏がいた。
でもそんなの関係なかった。
もちろん火の鳥は彼氏になるつもりなんかないし、トラブルだってごめんだ。

だけど彼女にとって特別な存在でありたいと思っていた。

10人のキープの中にずっと長くいる女性に。
もちろん新しいキープが入れば、いつも誰かに卒業してもらう様にしている。
それでも彼女とはずっと会い続けた。



火の鳥のキープする為のコツ。
それは会う度にお土産を渡す事。
でもそれは物じゃない。
言葉だ。
会えば何か話をプレゼントした。
感動した話でもすべらない話でも何でもいい。
或いは何故それを伝えたのか?
話してくれてありがとうって言って貰えるような話を。
そして彼女達の話を聞いた。

これはたくさんの女性達から好評だった。
また会いたがってくれた。
こちらから離れていったとしても。



ただもちろん、それでも向こうの意思で会わなくなる子もいる。
そりゃそうだ。
彼女達の人生全てに関与していないし、肉親でも親友でもない。
言ってしまえばただのセフレだ。



彼女もそうだった。



3年付き合った彼氏と結婚する話が出たタイミングで。
最後に会ってサヨナラした。

お互いピンセットでつまむ様に言葉を選んで、もう会わない約束を。
そもそも付き合ってもいないんだけどお別れした。

その日もとても寒かったのを覚えている。



『会いたいです』



久しぶりのLINEに少しドキドキした。
本当に仕事が忙しかった。
だけど約束の日は何とか時間を空けた。






サヨナラした場所で待ち合わせを。
火の鳥は魂が喜んでいる。
きっと恋に近い感情なのかもしれない。

そして出会うタイミングが違ったら、彼女とはずっと一緒にいたのかもしれない。

そんな事を思いながら待っていると彼女が待ち合わせ場所に。



白いコートがとても似合っていて、
彼女はやっぱりとびきり綺麗だった。



________________________________________



「LINEのタイムライン見たよ?まだ女遊びばっかりしてるんだね笑」



先日、タイムラインをあげた。
そこにはたくさん、50~60人くらいの女性からいいねやコメントが。
新たにLINEを交換した女性が、これを見て皆ビックリする。

でも再確認できたのは、興味を持ってもらえるという事の大切さ。

あなた何者?っていう少しの好奇心がたくさんのアポを取り付けた。
または反応の悪かった、以前の番ゲ案件なんかも勝手に蘇る。
まあ引いてしまっている女性もいるだろうけど笑



彼女もそのタイミングでLINEしてきた。
もしかしたら何か影響があったのかもしれない。
だって今回もスト高と呼ばれる子程、LINEしてきたから。
でも彼女達はコメントやいいねはしない。プライドが高いのだ。

でもそんな計算した様な目でばかり女性を見たくないな。
勘ぐってる男はダサい。
ナチュラルに。
そもそも久々の再会。

火の鳥も話したいのだ。






「結婚式の日程が決まったの、、」



30分程話した後に彼女が言った。
おめでとうって伝える。
なんか恥ずかしそうに笑った顔が可愛かった。



そこからもたくさんの話しを。

彼女の最近の話や家族の話。
火の鳥が用意した話は、自分のダメな所を再確認できたエピソード。



「火の鳥くんのそんな考え方好き。」



カウンター席で刺身を食べながらビール。
次に焼酎を飲む。

幸い今日は車を置いてきた。
お互いほろ酔いで懐かしい雰囲気を楽しんで。
リラックスしていて。



「私達あの頃と何も変わらないね笑」

「変わらないな笑 なんか懐かしいな。」



この後、彼女を久しぶりに抱くだろう。

彼女とのSEXを思い出してみる。
やはり素晴らしい記憶だ。
ああまた彼女がキープに戻ってくる。
今いる10人の誰を卒業させよう?

アイドルの卵だっているし、アナウンサーやモデルだって。
美容師の彼女は忙しいけど、たまに会えば最高の奉仕をしてくれる。
ミスコン準優勝のあの子は顔やスタイルは良いんだけど、少し住んでる場所が遠いからもう卒業かな?

思考は何歳になっても14歳の頃の様だ。
つまり火の鳥は阿呆だ。



「、、この後久々に私の家に来る?」

「あの大豪邸な笑 じゃあ終電までに行かないとな。」



彼女は何故、今日火の鳥に会いたいと思ったんだろう?



また幼いって思う彼氏の愚痴を言いたいから?
それともマリッジブルー?

聞いても答えないし。
ただの気まぐれなのかもしれないけど。






会計を済ませて。
店を出て駅へ向かう。

まるで恋人同士の様に、彼女は火の鳥の腕に絡まってきた。



いつもの景色。
雨上がり。
アスファルトの匂い。



「阪急だったよな?」

「うん、、火の鳥くんあのさ、、」



駅ビルの中に入った辺り。
あっ何かを言うなこれ。

黙って話を聞こうと思った。










お互い何も話さずに歩く。
エスカレーターを上がっていく。






改札の少し手前で彼女が話し始めた。









「私やっぱり結婚したくない!」








やっぱり笑
それはただのあるあるだから。

火の鳥は大きく笑った。



「それただのマリッジブルーだから大丈夫だよ笑」

「ねえ、、、火の鳥くん私と結婚してよ!遊んでてもいいからさ、、」



彼女の顔を見た。
とても悲しそうな顔をしていた。




「だめだよ笑 血迷っちゃ笑」

「うん、、、」



「大丈夫。この1年半ずっと話聞いてたけどさ、、彼氏はいい奴だよ。間違いない。」

「うん、、、」



「きっと上手くいく。お前が選んだ男なんだから間違いない!俺といても絶対幸せになれないから。」

「うん、、、」



「あと俺はね。お前と結婚なんかできないからな笑」

「わかってる、、、」












阪急電車の改札前。



困った顔するおじさんと綺麗な女性。






よく寒い日には靴下を2枚履いていた。
それは火の鳥が小さい頃の話。
長靴が好きだったから、雨でもないのによく履いていたらしい。

彼女といるとまるで、そんな子供の頃のようにわがままになってしまっていたと思う。
なんでも笑ってくれたし。
呆れていたと思うけど。



コタツでよく寝た。
去年の冬も彼女の家のコタツでよく寝てしまっていた。
でもいつも優しい笑顔で起こしてくれる。

もしかするとその表情が見たくて、寝てしまっていたのかもしれない。














一緒に改札をくぐる事はやめて、
もう一度サヨナラする事にした。



また同じ場所だなって笑いながら。



彼女はプレゼントだと言って靴下をくれた。











最後にキスを。

舌が彼女に変わって謝罪しているような気がした。







「今日は誘ってくれてありがとうな。」



「火の鳥くんありがとう。。」



「お嫁にいっておいで。元気でな。」



「うん。」








彼女の背を見送った。

大丈夫。
ほんときっと上手く行くから。






幸せにな。

















コンコース
通り過ぎる人々



道行く人に火の鳥はどう映っている?
いつも以上に姿勢良く歩いてみせた。

































今日は刃物で刺されるような寒さだな



さあナンパしよう
































「お姉さん見てよこれ!さっき靴下もらったんだけど、エルモて笑 俺の年で履けないでしょ笑?」



「えっ、、、?、、、かわいいじゃないですかー。」



「とにかく寒い、、中入ろう中!」



「中ってどこ笑? お兄さんどこかで見た事ある様な気がする!あと目がウルウルしてるね笑 」



「それよく言われるのよ笑 ドライアイの逆なのかな笑?」













家に帰ろうとしていた綺麗な女性を連れ出して。
寒いから居酒屋行こうかって。
でも彼女明日休みだから、それだったらゆっくり話聞いてよって言って。

適当な事言ってラブホテルの前まで行って。




本当に適当な言葉を並べて一緒にホテルへ入った。
































弾丸即
出会い頭、瞬時に空気を支配し関係を作る。



ネトナンばかりしてたって腕は落ちちゃいない。









行為が終わると
勝手に火の鳥のタバコに火をつけて吸う彼女。

横顔が綺麗だなーって思った。











「何で今日俺について来てくれたの?」




タバコを吸う彼女とベッドで横たわって。



なんかニヤニヤしてる。
何で笑ってんの?




「火の鳥くん!私達実はアプリでマッチングしてLINE交換してるんだよ笑」



「えええ?まじ?」



「どれだけの女とやりとりしてんのよ笑!」



「ごめん笑 それは否定できない笑」








まさかの出会いだった。


偶発的な出会いから一夜を共に。
でも彼女は火の鳥の事を知っていた。



そこからなんか一気に、
2人の距離がもっと縮まって。

色んな話しをした。







セフレがたくさんいる事や
今日の出来事も話した。











「もう10人キープとかしない笑 虚しいだけだわ。」

「うんうん笑」

「何か与えられるんだろうか俺は?こんな遊んでばかりいて!女性達に何かを。」

「そうだね笑」














「でもね遊ばれてるのは火の鳥くんの方かもしれないね笑」



「え?」



「だって火の鳥くんなんかかわいいだもーん笑」



「いやいやおっさんを捕まえて笑」




「多分ね。火の鳥くんが抱くためにたくさん言ってる言葉とか駆け引きとか。全部バレてるよ笑」



「ん?」




「まあいいかなって思うのよ。一生懸命でかわいいから笑」













おっさんを捕まえてかわいいだなんて!



でもなんか嬉しかった。

たくさん話して、彼女は優しくて。
それでいてどこかぶっ飛んでいて。
魅力的な人だなと思わされて。



彼女のキープが決まった。



















早朝、彼女を駅まで送る。

また阪急の改札前まで。


















一期一会






またこれからもナンパして
たくさんの女性と出会うんだろう。




























会社に着いた。
デスクに座わって足を組む。



後輩が火の鳥をからかってくる。
















「先輩その靴下はヤバイでしょ?笑」



「スーツにエルモ。抜きのオシャレだよ!かわいいだろ?」


























ありがとう




ドキドキできたよ










スポンサーサイト

コメント

素敵なブログありがとうございます♡
改札でサヨナラするところに切なさを感じました・・・・♡

すばらしいですね!
火の鳥さんみたいなおっさんになりたいっす。笑

最高!!

ブログ読んでるだけで、火の鳥さん
何者!?
って思いましたw

毎回新しい話を用意するってなかなか
大変そうですが
僕も真似してみようかと思います!

寂しがりやはあなたですwww
そこが強味✌︎('ω'✌︎ )

久々の更新はシリアスな内容(゜ロ゜;
大事な女だから身を引く…
ほんとに好きだったのでしょうね
(・・、)
火の鳥さんも大人の階段を1歩登れたかも(14歳→15歳)
これでやっと中3ですね(≧∇≦)

お久しぶりです!


なんかナンパしたくなってきたゾ!!
東京きたら教えてくださいね🦀🦀

まさにPUAですね!

火の鳥さん実在しないんじゃないかな?wwって思うくらい素敵な記事♪♪

良い話!って言ってる人は流石に常識を考え直した方が良い。
ナンパ師としては羨ましい!凄い!ならわかるけども。

泣きました。。

読んでてドキドキさせられました!
ありがとうございますドキドキできました(笑)

タイトルから楽しいですもんね。
うん、タイトル読むだけでも満足です。
素敵な話でした⁽⁽ଘ( ˊᵕˋ )ଓ⁾⁾

はじめまして!
めっちゃ感動しました!
僕も結婚してなかったら火の鳥さんみたいなかっこいい男になりたかったです!

すごいです。

小説みたいに読めました。なんかナンパを通じてこんなブログ読めて良かったですわ

No title

道を極めたなら
刀は抜くまでもないもの/柳生石舟斎

どんなルーティンもその道を究めた方の前では陳腐なものになってしまう、、、というかそういう人たちは女の子が喜ぶことを無意識に行えているのでしょうね。
…それはもはや才能で、火の鳥さんはピックアップの天才なんだと気付かされました。
同じ時代に生きられて幸せです。

あー、ドライアイの逆になりそ 涙

泣けました。また少し火の鳥さんを好きになりました。

こないだはご馳走さまでした!
忙しい事を普段理由に遊びに手が回らなくなる僕ですが僕より忙しい火の鳥さんから流れてくる毎晩の即報をみていると凄いなぁと思います。
今回の記事はいつも以上に最高でした!

これ、マジで本かけますよ!!
ぼくもいつか、言いたいです。
ありがとう。ドンドンできたよってww

改めて素敵な人になりたいって思いました!

はじめまして

感動しました。

はじめまして。自分もブログしてるのですが火の鳥さんのブログを毎回読ませて頂いてます。
今回のは特に切なくて映画のワンシーンを見ているかのようでした。
感動致しました。

切ないっす…

セツナレンサ!

相変わらずモテすぎです(*^o^*)

読みながら、ドキドキしました。

自分でおっさんって言ってからのお兄さんは吹きましたw
けど、こんな素敵なおっさんは中々いない!

最高でした!!

コタツで寝るの最高ですよね〜
あの起きた時の喉のカラカラさがたまんねぇんだぁ^ ^
自分が同じ状況だったら、新規狙わず速攻おかわりしますw

Re:

>ひこまるさん

改札前のお別れの景色は
未だに頭から消えませんね。

そんな事より焼肉食いたいないこう*\(^o^)/*

Re:

>しんぐるさん

お仕事忙しい中コメントありがとう。
そしてブログ読んでくれてありがとう。

お兄さんな!!!

Re:

>ロンブーさん

共にナンパブログを盛り上げようではないか^_^
ロンブーの勝手にアドバイス記事が見たいなあ。

てかコメント短か!!!

Re:

>トンパさん

何か会いたびに、ただSEXするだけじゃなくて
考えてるってだけでも伝わるんですかね?
女性陣には。

ブログ更新はよ!!!

Re:

>ツチノコさん

さ、寂しがりやなんかじゃないもん!!
ひ、ひとりでやっていけるもん!!!

そんな事よりランチ行こランチ。
仕事なんだったら、上手いこと言って抜け出して来てよ。

Re:

>ジョニーさん

少しだけ大人の階段登れたかもしれまさん、、
そうようやく15歳。
まだまだガキですね*\(^o^)/*

そんな事より神戸背広魅了師会
やってくんない?

Re:

>ななふしさん

お久しぶりです。
ナンパしたくなりましたか?
それは嬉しい限りです^_^

ななタウンいきます🦀🦀🦀

Re:

>マルさん

ありがとうございます!
火の鳥実在しますよ笑

もしかしたらマルさんの身近な所に
いるかもしれませんよ。

あっ嘘です。
Uにいます。

Re:

>うーんさん

たしかに!
良い話では無いですもんね(*´Д`*)

でも褒められたら嬉しいですね。

Re:

>あいわなさん

絶対泣いてないやろw?

Re:

>九里虎さん

ドキドキしてもらえて
火の鳥もドキドキ。

ありがとうございます*\(^o^)/*
九州行きたい!!!

Re:

>里四さん

タイトル褒めていただきありがとうございます笑
もちろん本編も読んでくださいね笑

ブログ更新いつも楽しみにしています。

Re:

>たいちょんさん

ありがとうございます!
別に火の鳥は素敵では無いですよ笑

ただのおっさんですから、、
、、、お兄さんな!

Re: すごいです。

>ノギスさん

お褒めのお言葉大変恐縮です。
でも嬉しい(^∇^)

更新してよかったです。

Re: No title

>石田@いにしえの都さん

刀は抜くまでもない。
深いですねー*\(^o^)/*

刀を抜かず抜いてもらうって事ですね!
(すみません)

Re:

>野生のプリンスさん

コメントめずらし!!!笑

師匠あざーす

Re:

>スプリンターさん

少しじゃなくて、
もっと好きになればいいんだよ。
少しじゃなくてさ。

ね?
好きだよ。

Re:

>けいしさん

この間はサンキュー!

火の鳥はけいしブログがかなりおもしろいと
思っています。
前にも言ったけど。

想像を超える記事楽しみにしてます。

Re:

>たいこさん

ありがとうドンドンできたよはおもろいww

たいこブログの更新楽しみにしてる*\(^o^)/*
あっこの間はありがとう

Re:

>まいこーさん

改めてそう思ったきっかけになれて嬉しいです笑

素敵なおっさんになりましょお互い。

Re: はじめまして

>あるさん

コメントありがとうごさまいます!

またコメントくださいね。

Re:

>おっさんさん

いつも読んでいただきありがとうごさまいます。

今回はなんか書きたいとの衝動が。
そんな気持ちは久々でした。

火の鳥自身の中でも
何かを感じた記事となりました。

Re:

>紀田さん

セツナレンサ、、
セツナレンサってなに?

BUA用語?

またコンビしよ*\(^o^)/*

Re:

>。さん

読みながらドキドキしていただけましたか?
。さんは男性ですか?女性ですか?

次回から。(女23)の様な表記でお願いします。
男の場合は。で大丈夫です。

Re:

>しゅんさん

あれはかなりの内輪ネタなので、
言ったところでぽかーんってなるだけです笑

あとお兄さんな!
素敵なお兄さんな!!!

Re:

>桜庭大二郎さん

やっと読んでくれたか笑

シンプルなコメントありがとう笑

Re:

>天下無敵野郎さん

いいですよね。
こたつで寝るの!
「風邪引くで」って言われるのも
なんか「うーん」とか言いながらも
嬉しいんですよね。

おかわりわろた

めっちゃ引き込まれる内容…
読み終えた後いいドラマ見た後の様な胸いっぱい感になりました!

Re:

>あずき後輩さん

コメントありがとうごさまいます。
楽しんでいただけて良かったです!

あと火の鳥先輩って呼んでくださいね笑

ブログ初見です

私はこういった活動されてる方々がいるのも無知だったのですが
なんだかすごい世界があるんだなあと、驚きました。
火の鳥 さんの言葉選びがすごく素敵で
最後まで読みました。
全く存じ上げないですが勝手に
知性やお人柄が少しわかった気になっています。笑
なんて言うのが正解かわからないですが、これからも頑張ってください!

Re: ブログ初見です

>徒然草さん

コメントありがとうございます*\(^o^)/*

アホなことばっかりやってる事をブログにしているだけなんですが、褒められると嬉しいです笑

またぜひ読みに来てください!

コメントの投稿

非公開コメント