記事一覧

大阪春の陣2017

________________________________________火の鳥「あなたはもう肉体から離れているのよ あなたはいま存在だけなのよ」 マサト「『存在』ってなんだ!」 火の鳥「意識よ」―火の鳥 未来編________________________________________でもどうしても駄目なんだ。自分が思うカッコいいが判断基準だから。なりたい自分になる。これからもそう。人がどう言ったってイメージする姿は自分で決めるのさ。もうすぐ見えそうなんだ。とてつも...

続きを読む

お嫁にいっておいで

________________________________________スグル「もっと冷酷にかかってこいよ。でなきゃあお前が好きになりそうだから。本気だよ、おれは今お前が好きだと言っているんだ」―火の鳥 太陽編________________________________________よく寒い日には靴下を2枚履いていた。それは火の鳥が小さい頃の話。長靴が好きだったから、雨でもないのによく履いていたらしい。彼女といるとまるで、そんな子供の頃のようにワガママになってしま...

続きを読む

火の鳥の2016年と2017年のイメージ

「そこに山があるから。」登山家ジョージ・マロリーが残した有名な台詞だ。2015年8月から始まったPUA火の鳥としての旅路。まずスタートから100getを目標とした。振り返ると数に拘る事には意味があった。女性と対峙し、重なる事への精度が上がったから。まるで対岸で咲く手の届かない花の様な、普段の生活では出会えない素敵な女性とも重なる事ができた。2016年6月にスタートから100getを達成する。途中自らのメンタル、心と会話す...

続きを読む

美しく乱れた夜の思い出

________________________________________ロミ「ここは、あたしたちとは無縁の世界なんだわ。あたしたちが想像したり、判断したりできる範囲の外の世界なのよ。」―火の鳥 望郷編________________________________________やっぱり女の子には敵わない。だから飾らないまま重なりたい。彼女達は噓付きで少し意地悪。だけどそんなところが可愛くて、一緒にいると心埋まる。火の鳥は幾つになっても阿保な男さ。今日も女の子の尻を追っ...

続きを読む

出会った2人

________________________________________「長い長い時間だったな。私たちはわかれわかれになってから一千年も立つよ」「そうですわね。貴方も私も何度も生まれかわったのですわ、一千年の間に」「ごらん火の鳥だ」「私たちを招いている」「さあ行こう、あの鳥の導く方に!私たちの世界へ!」―火の鳥 太陽編________________________________________「今日は本当にありがとう。」まるでかくれんぼ。ずっと隠れて誰にも見つからな...

続きを読む